【イラスト練習】イラストを抽象化してみよう!【意識するだけで上達する】

イラストの描き方
きつね
きつね

イラストの練習ってめんどくさいなぁー!

たぬき
たぬき

きつねちゃん、あんまり気持ちがのらないのかな?

イラストを描く時の、気持ちの在り方ってとても大事なのです…!

 

精神論か…!と思っている人も、今回はぜひ目を通してほしい内容となっています。

 

皆さんも絵を描いているとき、「つまらないなぁ」って感じることがあったりしませんか?

絵を描く人が楽しそうに描いているイメージが強いと思いますが、実は裏では気持ちが乗らない時があるのです。

僕自身も気持ちが乗らずに描けないこともあるので、気持ちの壁にぶち当たることがよくあります。

 

そんな時に、状況を上手く乗りきる方法があります…!

 

今回はそんな悩みを解決する「絵のポイントを抽象化する!」をテーマにお話ししていきたいと思います。

絵を抽象化してみよう!

絵が上手くいかない人の共通点

きつね
きつね

絵の練習してても、上手く描けん! 普段はサラサラって上手く描けるのに!

たぬき
たぬき

それはきつねちゃんの気持ちが焦ってるからかもしれないよ…!

絵が上手くいかない人は大きく分けて2パターンあります。

絵が描けない2つのパターン

🔖そもそも絵を描き慣れていない

🔖同じものしか描かないor描けない

 

絵が上手くいかないのそれぞれパターンごとに理由があります。

 

絵が上手くいかない2つのパターン

🔖絵に慣れていない人…先入観で描いてしまっている。

🔖絵を描き慣れた人…手グセで描いてしまっている。

 

まだ描けない人→「描けない」
手グセでも描ける人→「描ける」

と比較すると技量の差があるように見えすが、この2つのパターンは


「描きたい絵についてじっくり熟考できていない」


という、同じ部分でつまずいてしまっているのです。

 

絵について熟考できていないってどういうこと…?

きつね
きつね

わたしが絵を描く時に気持ちが焦ってる…? うーん、言われてみればそんな気がする…

たぬき
たぬき

周りの絵が上手い人の絵を見て元気もらったと同時に、気持ちの焦りができたのかもしれないね…!

どうしても、絵がささっと早く描ける人はかっこよく見えますよね…!

実際に絵を描くのが上手い人はお題を見ただけですぐに絵を描ける人もいます。

 

その先入観が強すぎて、イラスト=すぐに描けるとかっこいい!というふうに思っている人は非常に多いです。

実際は上手い人ほど最初のイメージの構築や資料集めに時間をかけています。

絵が描ける人の特徴

きつね
きつね

イラストってささっと上手い絵が描けるとかっこいいんだけど、それってもしかして難しいことなのか?

たぬき
たぬき

多分、相当な技術力がないとできないよ…!みんないっぱい経験したから描けるんだよ。

絵が描ける人ってシンプルにいうと想像力が豊かな人ですが、それは生まれながらに持っているセンスだと思う人も多いと思います。

ですが、そのセンス自体は天性のものではありません…!

正しくは、「絵を描く上で大事なコツを押さえている」ですね。

 

作品に取り掛かる前に大事なコツ。

それは「テーマ、設定の熟考」です。

絵を描ける人は作品に取り掛かる前に、テーマを決めたり、絵のポイントを決めることの重要性を知っています。

熟考のコツ

🔖描きたい絵のテーマ

🔖描きたいキャラクターの容姿、設定

🔖描きたいイラストのシチュエーション

🔖イラストの配色、塗り方

などなど…!

絵を描き始める前に、どれだけ念入りにアイデアを練ることができるかが非常に重要になってきます。

イラストを描くのが早くて上手い人は、

①イメージ→②描写→③完成→①イメージ→②描写→③完成…(以降繰り返し)

と、サイクルを何度もこなすうちに、コツを掴んで要領よくイラストを描けるようになっているからなんですね。

絵のポイントの抽象化

きつね
きつね

ふむ…!それじゃあイラストのポイントを決めていくか…!

たぬき
たぬき

焦らずにじっくりポイントを決めていこうね!

では、実際にイラストを描く前に絵のコンセプトやテーマを箇条書きにしていきましょう。

絵を描く時に”抽象化する”ポイント

🔖キャラクターの容姿

🔖イラストのシュチュエーション

🔖配色、塗り方

🔖キャラクターのポーズ・アングル

 

先ほどもお話しましたが、ざっくりとこの辺を押さえることができるようになるだけで見てくれる人にもイラストを通して伝えられることがグッと広がります。

「具体化」の場合、絵に対する修正点の数も「抽象化」に比べて細かくなりすぎ、非常に多くなってしまうのが問題です。

 

あえて「抽象化」させることで、絵のポイントを明確にしていくことが、この方法の狙いです。

絵のイメージは初めは時間がかかってしまうと思いますが、何時間かかっても構いません…!

まとめ

きつね
きつね

描くポイントが押さえられていると、上手くいってるって実感できるぞ…!たぬき、アドバイスありがとう…!

たぬき
たぬき

きつねちゃん、気持ちが上手くのってるときはいい絵がいっぱい描けるからね!

一つの作品を丁寧に完成へ持っていくことが上達することの一歩です!

こうやって作品前によく考えることが、次回の作品の改善点の見直しするポイントを浮き彫りにしたり、作業内容をより良く改善するための一歩となったりするわけです。

より上手く、より早い作品の仕上がりは、この経験を繰り返すことで自然に身についてきます。

絵の練習(インプット)でも作品の投稿(アウトプット)でも意識してポイントを押さえることが大事ですね。

トライアンドエラーを繰り返して、人は成長していきます! 

僕自身も頑張ってイラストを描き続けていこうと思うので、皆さんも一緒に頑張りましょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました