【スランプ】絵が描けない時期の脱出方法!!【挫折を克服】

イラストの描き方
きつね
きつね

あー!絵が描けーん!

たぬき
たぬき

きつねちゃん、スランプ入っちゃったかな?

皆さんはスランプに陥ったことはことはありますか?
スランプに突入してしまった時期は本当に辛いですよね…!

僕もイラストを描いているとき、スランプに陥ることがあるのですが、

 

あの辛さといったら…!

 

好きなイラストを描くことも、少しの間を置きたくなるように感じるようになってしまいます。

 

この辛いスランプですが、実は成長する兆候だということは皆さんはご存知でしょうか?

 

今日はなぜスランプになるのか、どうすれば克服できるのかを3つのポイントに分けてお話ししていこうと思います。

スランプ】絵が描けない時期の脱出方法!!【挫折を克服】

なぜスランプになるのか

スランプになるとき、自分自身に感じているのは「思い通りにならない不自由さ」だと思います。

 

この不自由さの正体は、実はイマジネーションと技術力とのギャップ差が生じているからなんですね…!

 

イラストを描くことを例にすると

イラストを描く際のスランプの例

🔖思い通りに描けない

🔖自分の絵に違和感を感じる

🔖描くことに物足りなさを感じる

このような悩みを抱えてしまっているのではないでしょうか?

 

これを深掘りして考えてみると、

 

スランプを深掘りして前向きに捉えてみる例

🔖思い通りに描けない
→以前よりも想像力が向上した

🔖自分の絵に違和感を感じる
→確証は得てないが、おかしい部分があると感じている

🔖描くことに物足りなさを感じる
→今のレベルではダメだと感じて技術向上したいと思っている

 

と、解釈することができます。

 

共通して言えることは、「自分自身が成長したいと無意識に感じている」ということです。

 

ちなみにスランプは「一つの失敗だけでなく、複数の失敗を経験する長い期間」だと言えますね。

 

基本的に、

人は不自由を感じること=不幸と、感じるようにできている

ので、このスランプはとても辛く感じます。

 

仕事であれば、責任感と時間がスランプの作業と向き合わせてくれるので、いずれスランプ脱出できるのですが、イラストを描いたりするような趣味は、どうしても向き合うことから離れやすい傾向にありますね。

このことが、スランプをより悪化させてしまう原因になってしまっているのです…!

 

「失敗の積み重ねが最も自信を失うきっかけ」になります

 

スランプだと自覚したらまず冷静になるように心がけていきましょう。

 

スランプと向き合う準備

※これはイメージが固まらなくて今一歩、形にならないイラスト

スランプを脱出するために大事なのは「スランプと向き合うことです」

 

悪化する原因はスランプ自体と向き合わないことにありますが、そもそもどうして向き合えないのでしょうか?

 

それは「スランプの正体に気付いていない」ことです。

 

うまくいかないときは、どうしても早くなんとかしたくて気持ちが焦ってしまいますよね。

 

その気持ちがどうしてもがむしゃらに行動しようと思ってしまうのですが、そのこと自体がさらなる失敗を引き起こしてしまうことにつながってしまいます。

こうなってしまうと、本来の原因どころか新しいスランプの原因も増えてしまうので「お手上げ」となってしまいます。

 

スランプになったと感じたら自分自身で再度「今、スランプになった!」と感じるようにしましょう。

スランプ脱出法

※これは普段描かない頭身でアプローチしてみたイラスト

まず、上手くいかなくて焦りを感じた時はまずは一旦落ち着きましょう。

 

そして、上手くいかなかったことを、一度文字に書き起こしてしまいましょう。

この時、文字で書き起こす文は箇条書きがオススメです。

人に見せる文ではないので複雑に描く必要はないですし、何よりわかりやすく書くことで頭の中をスッキリさせることができます。

 

自分の中の悩みを一度、紙に出してしまうイメージですね。

 

そして、ちゃんと自分の目で見て向き合ってから、そのスランプの内容を深掘りして考えてみましょう。

 

深掘りするときに、その解決策として大事なのは「ポジティブに捉えること」です!

 

例えば、

 

絵が思いどりに描けない→感性が成長したから、それに合わせて技術力を成長させるタイミング!

 

みたいな感じですね。

 

気をつけるのは「上手くいかない=ダメだ」とならないようにすることです。

 

こうなってしまうと思考が停止してしまうので、スランプを受け入れられずに立ち止まる状態になってしまっています。

 

ポジティブな形に見方を変えることができたら、自分の足りないと思った部分の修練を積む方向性に修正しましょう!

 

併せて使いたい、スランプの対象方法としてオススメなのが、「調べて習う」ことです。

 

僕のみじかなところにも、実践している方がいる方法で、

 

「まず成功している人のやり方を真似してみよう」

というやり方です。

 

「調べて習う」はネットで検索したり、本を読むのが効果的です!悩んだら調べてみましょう。

 

成功している人の例を「自分が良いと思う人」にすることがモチベーションアップにも繋がります。

 

自分と理想の人を比較しながら、修正していくことで「小さな成功を積み上げる」ことができるので、自分の自信を取り戻すこともできるので、さっそく実践してみましょう!

 

まとめ

スランプは辛いものですが、大きく成長する機会につながるということが分かってもらえたでしょうか。

 

僕自身も日頃からスランプに陥ることが多いのですが、ポジティブに考えることを意識してからは脱出することが意識してできるようになりました。

 

今回はイラストを描く話を例に出してお話ししましたが、
この方法は他のスランプにも同じことが言えるので、悩んだら是非実践してみてください。

 

スランプはあなたを成長させる良き隣人です。

 

ちなみに、よくことわざで「習うより慣れろ」という言葉がありますが、時と場合によるので鵜呑みにしないように…!

 

たぬき
たぬき

ことわざは鵜呑みにしたら大変なことになってしまいます…。

 

今の時代では「習ったり、模倣すること」の方が成果を出せますからね。

 

この経験を生かして、明日はより良い自分になれるように共に頑張っていきましょう!

 

それでは今日はこの辺で…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました