【子供にも】絵本の可能性【大人にも】

イラスト
きつね
きつね

最近気付いたんだけど、私はどうやら絵本が描きたいみたいだ…!

たぬき
たぬき

絵本作家になりたいんだね…! 夢があっていいと思うよ!

みなさんが子供の頃に一度は目にしたことがある絵本。

大人になって読んでみても感慨深いものがありますよね。

僕自身も、ここ最近になってから絵本を手に取る機会があって改めて絵本の良さに気づかせてもらいました。

そこで今日は絵本の可能性についてお話しして行きたいと思います。

絵本の可能性

そもそも絵本と童話の違い

絵本と童話は、子ども向けのお話という点で共通しています。

絵本は、「絵」を中心としてお話が進みます。

そのため、文字や文章は「絵」を補助するのが主な役割となります。
絵本の中にはほとんど文字がなく、絵を見るだけで物語が理解できるような作りになっているものも多いです。

童話は、古くから言葉を使って語り継がれてきたお話です。
絵がなくても文章を読むことでストーリーが理解できます。物語により深く入り込めるように絵が補助的に用いられることもありますが、童話において絵は必ずしも必要ではありません。

絵本の魅力

絵本の良いところは、小さい子にも興味を持ってもらえるところが一番大きいのではないでしょうか。

絵だけで内容がわかるものもありますし、本来なら難しい内容や言葉で伝えにくい内容も、
わかりやすいように優しい文章も合わせてあるので、小さい子の教育にも一役買っています。

どんな人に読んでほしいか

絵本は子供が読むものだと思っている人も多いと思いますが、大人の人にもぜひ読んでほしいです。

この昨今、ストレス社会も加速化して目まぐるしく環境が変わる中で忘れてしまっている優しい気持ちや、人として大事なことと向き合うことができるのも絵本の良いところだと思います。

子供も大人も、絵本を読むことで周りの人にも優しくできるようになりますよ。

まとめ

とあるきっかけで、僕自身も絵本に触れられることができて良かったと思いました。

絵本自体は、僕も子供の頃に好きだった愛用のものがありました。
その本が今の自分自身の性格の形成にも一役買ってくれていたのかなって思うと感慨深いものがありますね。

この記事を読んでくれている方も、機会があればぜひ絵本を手にとってみてほしいです。

興味が湧いた一冊は、今のあなたにとって必要なものかもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました