【コンテンツ作成】活気があなたを大きくする【ジャンル構築】

ライフハック術

日頃、皆さんの周りにはどれだけの人が滞在していますか?

 

少ない人数でも、たくさんの人数でも構いません。

 

人が集まって話している会話に耳を傾けてみましょう。

何かしらの「共通の話題」で盛り上がったりしていませんか?

 

普段生活しているうちでは、あまり気に留めないようなことですが、そこにあなたの生活を豊かにするヒントが隠されています。

 

今日はこれからのネットワーク社会で重要になってくる「活気」に

いお話ししていこうと思います。

人が集まるということ

「人は活気あるものに集まる」

皆さんは今が何を尊重している時代かご存知でしょうか?

 

令和は心の時代だと言われています。

 

※昭和で貧困に苦しんだ人が多かったので、平成は幸せになるためにお金を稼ぐ事に重きをおく時代でした。

 

多くの人は幸せになる方法が富や名誉ではなく、自分の気持ちを尊重して生きる事だと気づいています。

人との繋がりや共感を持って、自分の居場所を作ることが大事だと思っている人が増えてきていますよね。

 

その繋がりを現代で最も持つことができるのが、SNSやYoutubeやブログなどのソーシャルネットワークの利用です。

 

大事なことが自分の居場所であると気づいている人は、気の合う人とコミュニケーションのとれる場所を大事にしています。

 

気の合う仲間と気軽に話せると、コミュニケーションの場所となる所に滞在する時間が長くなります。

長くなればなるほど、そこに人が集まりやすくなり、仲間の輪はどんどん大きくなります。

 

そういったやりとりが毎日行われているのがソーシャルネットワークです。

 

このソーシャルネットワークは人との繋がりや共通の会話の盛り上がりなどが、そのまま見えないエネルギーとなって作用している場とも言えます。

 

ソーシャルネットワークの本質こそが「活気」の正体です。

 

「人が夢中になるもの、人気があるものに活気が出る」

では、「人の居場所=活気のある場所」となるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

僕は活気のある場所ができるプロセスは

 

人が夢中になるコンテンツ

長期滞在する

同調したい人が集まる

相乗効果で盛り上がる

の流れがあると思っています。

 

このプロセス通りに考えると、まず大事なのが「人が夢中になるコンテンツ」作りを始めることだと思います。

 

人が夢中になるには

 

・素直に面白いと思わせて、気持ちを動かす。

・良い情報を伝えて感心するように心を動かす。

 

この2つのどちらか、もしくは両方を満たしていることが大事になってくると思います。

 

長期滞在または、リピーターとしてきてもらえる場所を作ることができれば、ツイッターや口コミでより多くの人に伝わるので、そこで気持ちを共感して更に人が増えていきます。

 

その頃には人が夢中になるものは「夢中になるコンテンツ」だけではなく、場所自体が「夢中になれる場所」に変わっているのではないでしょうか。

 

類は友を呼ぶとはよく言ったものですが、それは自然とそうなるというよりも、

人が無意識に気の合う人とだけ仲良くしたいと思っていることが現実に反映されているのかもしれません。

「夢中になるものを作るには」

滞在時間を伸ばすための工夫をすることが大切だと思います。

 

それも生半可ではない工夫が必要だと思います。

 

見てくれる人の気持ちを動かすことはもちろんですが、そこに「リアリティー」があるかどうかはとても大切です。

誰かと気持ちを共感する場所の本質の一番目は「見にきてくれた人」と「あなた自身」の共感なのです。

 

人の価値観は「感じたものが全て」です。

 

「感じた気持ち」の前では物事の正しさすらも霞んでしまいます。

 

「まとめ」

まずはあなた発信のコンテンツを作れるようになリましょう。

ジャンルはYoutubeでもブログでも構いません。

 

コンテンツはとても幅が広いですが、あなたができることに限定すると、ある程度やることは絞れてくると思います。

 

そして、そのコンテンツにどれだけリピートしてくれるのか、滞在してくれるのか考えて取り扱っていきましょう。

 

リピートや滞在時間を伸ばすためのポイントは見てくれている人がどれだけ共感してくれるかがポイントになっています。

 

人が滞在してくれている状態で人の目につく機会を少しずつ増やして、宣伝していくことで少しずつ「活気付いてくる」と思います。

 

 

今日の話は少し抽象的な部分が多いですが、気になって最後まで読んでくれた方には理解してもらえると思います。

 

コンテンツ作り、少しずつ蓄積・構築していきましょう。

僕もこの方法を使って、ブログのコンテンツの充実化を図っていこうと思います。

 

結果が少しずつ出てきたら、またブログを通してご報告していこうと思います。

 

それでは今日はこの辺で…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました